みるみるてぃノンフィクション

みるみるてぃノンフィクション ホーム » 

ルリシジミ のようなシジミチョウ

この黄色の花は甘い芳香で、ハチやアブがたくさん集まっていました。
rs 01

rs 02

ルリシジミ サツマシジミ その辺でしょうか。
モンシロチョウぐらいの大きさでした。
オスメス判らない(詳しくない)けど、とても美人さんですね。

あなたの風邪はドコから?

眼の奥。 
次第に前頭葉へ広がり、喉と鼻のジョイント部分がイガイガ。
熱で脳が溶けはじめたので、鼻ティッシュ。
ベンザには悪いけど、パブロン飲んでゴロンします。
日曜日は屋外のお仕事。 こんなときに。。。(;ωq`)

tsub_20171117222127709.jpg
すこし ひなたに うごかしました

ピンク色のバッタ

菊の突然変異で思い出しました。 
この秋、ピンク色のバッタと出会いました。体長は5センチぐらい、オンブバッタかな? 

迷わず行けよ 行けばわかるさ
ob2 (2)

ob2 (1)

周りは草が無い砂地です、何かにくっついて迷い込んだのかな。。。 家系にピンク居る?

菊花展 突然変異の大菊

菊花展へ行きました。 結論から言うと、行って良かったです。
いつもの花園で、早咲きのツバキを撮っていたら、
「特設会場で、めずらしい菊が出ているので観に行かれては?」
と、園庭管理の方に勧められました。
わたし、菊花展の開催は知っていたけれど、ハードルが高くて遠慮していたんです。
ぶっちゃけ、花のイメージと形がちょっとだけ怖いのです (u_u*)lll
でも、ご厚意がとても嬉しかったので 「そうなんですか~ それは行かなきゃ!」
的なトボケようで、足を運んでみました。
会場へ踏み入るなり、菊関係者の方から 「ぜひ この花を撮ってください」 と誘導されました。
一生に一度 お目にかかれてラッキー な、 突然変異の大菊 です。

dairingiku (6)
一瞬 「はっ? どこに驚けばいいの?」 と思いました。

根もとを見て分かりました。 枝3本のうち、真ん中の花だけが赤(薄紫)です。
花色が分かった時、大興奮でしょうねΣΣ(゚д゚lll)  菊にも枝変わりがあるのですね。

dairingiku (5)
じゃこ丼 。

dairingiku (4)

ほか、人の頭ほどの大輪菊が いくつも展示されていました。 (クリックで大きくなります)
dairingiku (2) dairingiku (1) dairingiku (3)
一鉢ずつ丁寧に、丹精込めて作出なさったのですね。 来年もまたお伺いします (〃´∀`〃)

アブチロン 熱帯花木

Abutilon (1)
葉の表面

Abutilon (3)

Abutilon (2)

花調べに、ちょっとだけ手間取りました。
葉が大理石模様、ホオズキに似ている、ハイビスカスっぽいシベ、
花質がビニールの感触、熱帯系、ランプのような膨らみ
最終的には 3つのキーワードでHITしました。

オレンジ色の花  ランプ  熱帯  ポチ。

花名:アブチロン なんか薬みたいな名前ですね。
アブチロン塩酸塩カプセル10mg・・・いや、無いです。

アブチロン・・・アオイ科 イチビ属 原産ブラジル

チロリアンランプもアブチロンだそうです。 ふ~ん。 同類と思わなかった。
til (1)

til (4)

同じ園内に離れて咲いていた花も、アブチロン黄色バージョンだろうと思って撮りました。
til (3)

til (2)

頻繁に通っていますが、初めて出会う花ばかりです。